スタッフ募集

小児歯科

お子様の歯を守るための小児歯科

小児歯科では、生後6ケ月くらいから高校生くらいまでの、子供の成長期を専門的に対象とした、お口、顎、歯の治療を行います。 定期的に検診を受け、むし歯の予防管理をした場合、年齢が小さいほどむし歯になる確率が少ないというデータがあります。 7~8歳を越えて小児歯科で予防管理を始めた人と、はじめない人とでは、13歳になったときの比較で、以前からしている人に比べると2倍ほど、むし歯がで きています。こうしてみると小さい時からの予防がいかに大切かということがわかると思います。


なぜ乳歯はむし歯になりやすいのか?

・乳歯は永久歯と比べると、エナメル質・象牙質が半分程度の厚さしかないため
・哺乳瓶やお菓子を与えることが多いと、口の中に糖がある状態が長くなるため
・乳歯は歯と歯の間にものがはさまりやすいため
・乳歯は歯列がでこぼこしていて、うまく歯磨きしにくいため

むし歯の予防処置

当院では以下の予防処置も行っています。

フッ素の塗布

フッ素には歯の質を強くしたり、むし歯菌の働きを抑える効果があります。
フッ素を定期的に歯の表面に塗布する事で、むし歯になりにくい歯を育てていきます。

 

シーラント処置

歯には複雑で細かい溝があり、特に奥歯は歯みがきをしても汚れを完全に取り除くのが困難です。
そこで、溝の中にむし歯菌が入り込まないように、溝の部分をプラスチックで塞いで虫歯予防をします。

 

痛くない治療を心がけています

小児歯科ではお子様になるべく痛い思いをさせないことが重要と考えています。
お子様が歯の治療で痛い経験をすると生涯「歯医者嫌い」になってしまい、大人になってからも、歯や口に問題が起きた時に重症化するまで放置するようになってしまうからです。